Rakastava

rakastava.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 19日

ネルソンス BSO 雑感。

■ 先日、ふらりと思い立ってアンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団の演奏会に行ってきたのですが。。。

■ 演奏は驚異的なまでに超絶美麗で、これが果たしてマーラー「巨人」の基本コンセプトに合致しているかというと、正直そうでもない気がしました。マーラーの「3番」の続編としてあるような天国的な「巨人」とでも言いましょうか。とにかく美音につぐ美音の洪水押し寄せる快感マックスのフィナーレ。ボストン交響楽団のベスト・フォームを聴いた気がしますね。そういえば、小澤征爾氏はボストン交響楽団をドイツ流の重心の低いどっしりとした音に変えようとしたらしいですが、140年の歴史を持つ楽団の長い伝統は変えられないんだなぁとか思ったり。

■ しかし、たった1時間、放射線のように浴びた強烈な幸福感のおかげで、次の日からの日常業務が本当に辛かったですよ。あの多幸感に比べて自分の日常のなんて惨めなことだろうか、と。もちろんこんな考え方は間違っている。ええ、知ってます。日常と非日常は分けられるべきだし、日常あっての非日常。しかし、どうしてあの幸福を毎日得られないのかと考えて、なんだか麻薬の禁断症状に苦しむ中毒患者のような苦しみがこの2週間続いてました。おまけに風邪も引いて本当に辛かった。

■ 毒を制すには毒を持ってせよ。もっと苦味があって、苦闘があって、それでいてエネルギーがあって、やる気が出るwような曲はないだろうか … ということで辿り着いたのがブラームスの「ピアノ協奏曲第1番。昔から大好きだったんですよね、この曲。交響曲とか聴きすぎて飽きてしまったんですが、ポリーニとかアシュケナージとかツィマーマンとかの名演が多々あって、いろいろ楽しく聴き比べています。そんなわけで、次回から、私が持っているこの曲の演奏を聴き比べていこうかなと思っています。

[PR]

by thinkclassical | 2017-11-19 01:13


     プラシド・ドミンゴ(1)。 >>